スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
韓国留学記 プロローグ編 その1
2006 / 07 / 08 ( Sat ) 00:45:57
いよいよ話は韓国へ(笑)
でも、まだ学校の話ではありません。
別にもったいぶってるわけでなく、実際に授業が始まる前にもいろいろなことがあったから…。



05年8月4日
期待と不安を抱いて韓国へ旅立ちました。
ちなみに、さんざん心配した航空券は何の問題もなし(笑)
プリントアウトしたものをカウンターに持って行き、パスポートを見せたらすぐに搭乗券を発券してもらえました。
悩んで損した(笑)

いつも韓国に行く時は、朝一便なので、始発電車で成田まで行きます。
でもこの日は、とりあえず前の日のうちに韓国に着いていればいいや、というわけで、夕方発の飛行機でした。
飛行機の窓から見た空の景色。
日が傾きかけていました…。
空

結局韓国に着いたのは6時過ぎ。
それから入国審査、荷物の引き取り、両替…などを済ませ、やっと市内へ行くことができました。
地下鉄で市内へと向かったのですが(このとき利用したのは羽田⇔金浦線でした)途中、エレベーターもエスカレーターもない乗換えがあります。
当然のことながら、大きなトランクを抱えて四苦八苦しながら階段を昇り降り(苦笑)
見かねて通りすがりの人が、トランクを抱えるのを手伝ってくれました。
韓国の人って親切です。

8時近くになって、やっと宿にたどり着くことができました。
この日は「とりあえず鍵のかかる部屋で一人で泊まれれば…」と言う理由で、格安の韓国式旅館に泊まることになっていました。
昔、ツアーできたときに泊まったことのある4つムクゲホテル(韓国はホテルのランクをムクゲの花マークで表している)のそばの、路地を入ったところにその宿はありました(笑)
外で夕涼み(笑)をしていた宿の人が、目ざとく見つけて路地の入口まで迎えに出てきてくれました。

でもって、案内された部屋。
オンドル部屋です(笑)
でも…真夏だったので、オンドルがあってもありがたくもなんともない~。
でもって、狭い(苦笑)
布団を一枚敷いたらそれでいっぱいな位の広さしかありません。
でもまあ、夜遅くについて、一晩泊まるだけですし…。
狭くて古いのですが、部屋の掃除は行き届いていて、きれいではありました。
部屋


風呂は…これもまた狭いです(苦笑)
一応、お湯は出るし、シャワーも使えるのですが…何となくさび水っぽかったです…。
風呂


ちなみに、洗面所は共用(笑)
部屋の外にあります。
洗面所


当然のことながら、エレベーターなんて気の利いたものはありません。
急な階段のみ…。
なので、荷物は宿の人が運んでくれました。
階段



宿に着いたらまずは、晩ご飯を食べに行くことにしました。
そうしたらなぜだか、同じ宿に泊まってたおば様と一緒に食事に行くことに(笑)
あまり韓国語がわからないような人だったので、宿の人に「良かったらお2人一緒に行ったらどうです?」と薦められてしまったのです…。
本当はきまぐれかもめって人嫌いで、知らない人と話すのって苦手なんですが…。
でもま、仕方ない、これもなんかの縁、とゆーわけで一緒に近くの食堂で晩ご飯を食べました。
メニューを読んで、注文して…とまあ、その程度の韓国語なら一応できますから…(笑)

ちなみに、一緒に食事したおば様は、クォン・サンウファンで、誕生日のファンミーティングに参加するために韓国に来たんだそうです。


翌朝。
いよいよ留学生活の始まりです。

宿をチェックアウトする時に「これからどちらへ行かれるのですか?」と宿の人に聞かれました。
一晩だけ泊まるにしては、大きな荷物を抱えてたから(笑)
「実は、今から延世大学の夏期講座を受けるんです」と答えたら、「今出てった人も延世に行くっていってましたよ」とのこと。
案外、考えることはみんな同じなようです。

荷物は、地下鉄の乗り場まで宿の人が運んでくれました(笑)

スポンサーサイト

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

* 留学体験記 * comment(0) * page top↑
<<韓国留学記 プロローグ編 その2 * HOME * 韓国留学記 準備編その10>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。